マーケティング・海外キャリア

マーケティング・海外キャリア

筋トレ後のアルコール、影響、飲むなら何?

今宵も筋トレをしてますか?スーツが似合う、信頼感があるがっしりした体格、ホルモンの関係で自信が出て成功しやすくなるために、一流ビジネスパーソンこそ筋トレをするべきということを解説しました。日本ではまだまだ筋トレと英語力を磨けば年収は上がります。詳しく解説した記事をまだお読みでない方はこちらから。 付...
マーケティング・海外キャリア

【週2回の習慣化で成功】海外駐在・出世したいなら今すぐ筋トレした方がいい

皆さん、突然ですが筋トレしてますか?海外駐在がキャリア的にも、給与や待遇の面でもおすすめという話はよく聞くことがあると思います。ですが、筋トレが出世に役立つという話を最近よく耳にしませんか?実際、多くの経営者、一流のビジネスパーソンはトレーニングを習慣にしてます。今日は、そんな筋トレのメリットを説い...
マーケティング・海外キャリア

【必見】いざオーストラリアへ!ミスると出入国できないかも。世界共通事前にやるべきこと

先日ようやくオーストラリアの入国制限が解除されて、メルボルンへ赴任できました。片道10時間50分と少し長めのフライトでしたが、赴任はビジネスクラスということもあり、ラウンジ含め優雅に楽しめました。 幸か不幸か、コロナで一部エリアを封鎖中ということで、ファーストクラスのラウンジと共用でした。内容は分か...
ビジネス英語

【グローバルスキル】海外のマスク事情。義務化の中でも着用しない理由が深い。国民性の裏に隠された、日本的思考の危険性。

新型コロナウイルスが再拡大する世の中、新変異株も出てきて落ち着かない世界。感染者数が1日50人以下に減った日本と比べると、欧州は数万人の感染者と急増加している。しかし、連日中継される光景は、マスクをせず通常生活に戻りつつある海外。これはどういったことなのだろうか?と思ったことはないでしょうか。 今日...
マーケティング・海外キャリア

【Googleに入りたいなら必読】“WORK RULES” を読んでみた

先日Googleの人事のことについて書かれた本を読みました。 なぜ世界を席巻するカンパニーが生まれたのが、最高の職場と言われる彼らの生産性のコアはなんなのか、世界最高の会社が求めるコンピテンシーやリーダーシップは?GAFAが世界を席巻する今だからこそ読んでみたので、感想をまとめます。 Google人...
ビジネス英語

映画で頻出「Brace yourself」

私が好きな、スパイ系、アクション系、デイリー系、どの映画を見ていても、なかなかの高頻度で使われている英語「Brace yourself」について紹介します。 『Brace yourself』覚悟しろよ 本当によく出てくる英語なのですが、意味としては「この野郎・・・覚悟しろよ!!」という少し怒ってると...
マーケティング・海外キャリア

移住後の資産形成:おすすめ海外証券口座、Interactive Brokers

最近とても困ったことと、嬉しいことがありました。困ったこと:・ 海外居住(1年以上)になると、日本の証券口座は凍結。・ 目をつけていたFirstradeという手数料無料証券口座はオーストラリア非対応。・ Interactive Brokers(以下IB)は1000万円以上入れないと、10ドル/月の手...
ビジネス英語

ワイルドでモテる?笑【オーストラリアアクセントの種類と攻略法】

今日はちょっと息抜きに、英語を勉強し続けるために、モチベーションをあげる話題を1つ取り上げたいと思います!なぜ英語を勉強するのか?留学、仕事、旅行、様々な目的がありますが、なんだかんだ話せるとかっこいいから!って理由もありますよね。なんと、、、調べてみるとオーストラリアの英語はモテるらしいです!ww...
ビジネス英語

【アメリカン多用】It’s not rocket science.

スラングに近いのですが、アメリカ人がよくビジネス上やチーム内で使う言葉になります。 It's not rocket scienceの意味 直訳は「それはロケット科学じゃないさ」基本的には、否定形で使われます。「ロケット科学ではない」や「高度な物理学や理論ではない」よと少し皮肉的に言うことでつまり「そ...
マーケティング・海外キャリア

【20:80の法則】13カ国の人間と付き合った外資リーマンが教える、グローバル基準での仕事ができる人、できない人の差

皆さん、こんにちは。いつもお読みいただきありがとうございます。今日は、日々仕事ができなくて、またはちょっと自信がない人の気づきなればと思い記事を書きたいと思います。 13カ国の人と仕事をしてわかった仕事ができる人の共通の特徴:適当にやる グローバル・マーケティング時代、部署の30人ほどのメンバーのう...