海外駐在を夢見るなら、TOEICよりIELTS勉強しましょう!

English
スポンサーリンク

この記事は自分みたいな海外駐在を漠然と夢見ている人が後悔しないように、1つ重要なことを教えておきたいと思います。

TOEICはビザ申請に全く使えない(海外で非公認)

はい、そうなんです。TOEFLならまだしも、日本がやみくもに信者になっており、どの企業も英語力を測る指標、または昇格の条件にしているTOEICは海外駐在やビザ発行時に要求される「英語力の証明書」として全く意味をなしません。

以前記事にてTOEICの勉強は必要スコアをそこそこ取得して、やめてしまえ。
もっと本質的な英語の勉強をしましょうというのも正にこのことです。

日本は受験に受かるための英語の勉強しかせず、話せない・聞き取れないです。(読み書きはかろうじてそこそこできるレベルです)
そして、受験が終わると、またスコア信奉者たちに巻き込まれてTOEIC戦争に巻き込まれます。TOEICのスコアを取る勉強をしたことがないので、最初は低いスコアなのは仕方ないです。

しかし、真面目なので皆さん勉強します。結果、そのスコア全く役にたたないので、、、
次に来る試験を再度勉強します。。。

受験勉強→TOEIC→何かしらの試験。。。この勉強時間、英語のコミュニケーションスキルアップに時間注いだら、日本人真面目だからめちゃくちゃ英語力あがると思うのにな。。。

 IELTSは140ヶ国で英語力の証明になる

IELTS

140ヵ国、合計10,000以上の機関が認定。アメリカやイギリスなどへの留学や研修の英語力証明をはじめ、イギリス、カナダ、オーストラリアなどへの海外移住申請に最適なテストです。また日本国内での入試でも採用が広がってきておりその通用性の高さが証明されている。

これは私も悪いのですが、調べればすぐにわかるのに全く後回しにしてました。

ビザの発行に英語力を証明するというのに新たな試験のスコアがいるなんて。。。

まぁ、問題集を買って勉強してますが、、、思ったより難しくないので必要なスコアは超えられると思いますが、、、なんだかなぁ。。。ほんとTOEICってなんなんだろうって久しぶりに憤りを感じました。

焦りたくない人は3年間スコアが有効になるそうなので、コツコツ勉強して力試しでIELTSを受けてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました