『誤差の範囲内』英語でなんて言う?ビジネス上での例文も教えます。

英語学習
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

誤差の範囲内

さて、今日ご紹介する英単語は「within the margin of error」です。
意味は「誤差の範囲内」です。

within the margin

午後でのポイントはwithinとmarginをうまく使う点です。
marginとはもともと余白とかあまりなど、少し余裕がある範囲を言います。
withinはその範囲内であることを表してます。

そのため、error=差異があるが、余裕がある範囲内=within the marginということで、誤差の範囲内であるため、無視できる範囲であるといえます。

『Discrepancy=差異』を使用した例文

さて、within the margin of errorの意味を理解したところで、実際の使用例を紹介します。
例えばExcel作業をしていて数字が微妙に合わないときがあります。
Why?と質問されると「う。。。」ってなってしまうかもしれませんし、数字が合うまで執拗に細かい作業をするのは生産性がありません。

そういった際には例えば下記のような説明ができます。

There is small discrepancy between planed budget and actual expense.
However, we should ignore it as its gap is within the margin of error.

予算と実績で多少の差異があります。
ですが、 誤差の範囲内のため無視できるでしょう。

いかがでしょうか?
具体的な使用例をイメージできるとExcelの数字の報告などにも使えて便利ですよね。

まとめ

今日紹介した英語をまとめます。

誤差の範囲内:within the margin of error

差異:discrepancy

予算:budget

実績:actual

無視する:ignore

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました