今が買い場の優良株「パーク24」シェアリングエコノミーの今後に期待。

Investment
スポンサーリンク

今日ご紹介したいの「パーク24」とういう銘柄。
今回諸々の株価の暴落を受けてあらゆる銘柄が下落してますが、、、

パーク24に関して言えば、明らかに下がりすぎです。
そしてこの業界は今後成長が期待できるので、今は買い場と言えるくらいの価格になっているかと思われます。

パーク24の企業概要

メインは駐車場とレンタカー・カーシェアビジネス。
大きな括りで言えば、モビリティー会社。

  • Timesなどの駐車場サービスがメイン
  • レンタカーサービスも展開
  • 最近ではカーシェア事業へ昇華させ、会員数を伸ばしている

カーシェアサービスはシェアを取ったもん勝ち

結論から言うと、シェアリングエコノミーについて継続的にウォッチできるのであれば、現時点では買いです。

Timesのカーシェアは、国内では圧倒的シェアを持っています。
これは何を言っているかというと、今後もさらなるシェアの拡大が高確率で約束されている。

理由としては、こういったカーシェアのような会員制サービスは使われてなんぼです。企業は会員数と利用率に応じて車両数を配備します。

会員数が多くて沢山利用してくれれば、多くの車両をまんべんなく配備することで、利便性が上がります。また会員数が多くなると会費を安くして、サービスも充実させていくことが可能です。

結果的に更に会員数が伸びて・・・と好循環でビジネスを回していくことが可能です。

今後はカーシェアの成長次第!

ぶっちゃけ言うと、価格的には割安ですが、今後の成長で言えばイーブンくらいに僕は見てます。ただ、配当利回りが高く、数年は安定した収益が見込まれるので、今後5年くらいは少なくとも優良株と見てます。

理由は下記です。

  • 国内の事業は成熟傾向
  • 海外の駐車場は赤字
  • シェアリングエコノミーが今後の事業の柱

とまぁ。見て分かる通り、決して順風満帆な事業運営とは言えないと見てます。
ただ、勝算はまだまだ高いかと思います。

今後は都市集中化が進み、クルマは持つ必要がなくなる

これは段階的に進むため、いつ加速するかわからないですが、確実にクルマは所有し日常の足として使うものから、特に必要ないので、必要なときに借りるものへと変わってきてます

これを助長しているのが人口の都市集中です。

世界は高度な成長を通して急速に発展してます。
その発展はあらゆる経済学者が最終的には都市への一極集中が起きると唱えています。

理由としては簡単に言うと、どんどん都市が便利になることで人口が都市に集中していくのです。

そして都市化が進むと、下記の理由からクルマを持つ理由がなくなってきます。

<都市一極集中化が進むとクルマを持たなくなる理由>

  • 地下鉄などの公共交通機関が充実する
  • 都市の地価が上がることにより駐車場が値上がりする
  • そもそもあらゆる機能が一極集中するので遠くへ移動する必要がなくなる
  • タクシーなどの値段が他の公共交通機関と競合し下がる可能性がある

こういった理由からクルマは1家に1台所有するものから、必要なときにレンタルする、またはシェアする方が合理的になります。

シェアの時代が来ると、配備数や拠点数がモノを言う

そしてシェアの時代が来ると、「使いたいときに使える」という、このふとした瞬間にいかに簡単に使える状態となっているかが競合優位性=差別化になってきます。

そういった点で、パーク24は拠点数や配備車両数が圧倒的なので勝てる確率が高いのです。

自動運転はまだまだ時間がかかる

完全自動運転などは法整備や技術的観点からまだ最低でも10年は町中での走行は厳しいかなと思います。

技術的な面より法整備のほうが難しいです。

今まで事故を起こした場合、ドライバーに責任がありました。
ただし、自動運転になると機械?センサーが悪い?では製造したメーカーが全て責任を取るのか?もらい事故は?

などと責任の所在をどこに置くかなどで大変整備が難しいです。
全てが自動運転の車両にならないと厳しいと言っているジャーナリストがいるくらいですが、高度なセンサーを積んだ400万ほどの高級車を全て配備するなんで不可能なので、こういった面からも誰も予想しなかった技術革新が起こるでも無いと、自動運転の世界はまだまだ先になると思います。

そうなると借りたいときに借りられるという利便性を担保できているコスパの良い、カーシェアがスマートな選択になると思います。

引き続き、分析をまとめていきます。
参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました