日本人が言えない「〜は可能ですか?」のおしゃれな言い方

Trip
スポンサーリンク

今日のワンフレーズは、
日本人があまり思いうかばない、言い回しでの「可能ですか?」を紹介します。

「Would it be possible to~」〜する事は可能ですか?

見てみると簡単な英語の組み合わせでしたないですよね?
でもこれ、日本人が苦手な仮定法なんです。

普通の英語なら

「Can you〜」とかだと思います。

ただ、CouldやWouldを使うことで、「もし可能であるならば」という言い回しが可能になります。より、「難しいのはわかってるんだけど、できればなんだけどさ」というニュアンスが出ます。
こちらはへりくだった言い方なので日本人の気持ち的にも言いやすいですよね。

ぜひものにして言いたいですね。

これを応用すると、色んな言い方でお願いができます。

「It would be highly appreciated if you can/could~」
もし〜をしてくれたら大変有り難いです。

これは非常に日本語に近い言い回しですよね。
Thank you ではなく。Appreciateとという単語を使っているあたりもポイントです。

言い方を少し変えて

「I would appreciate if you could~」もOKです。

非常にシンプルに

「If possible, 〜」という表現も覚えておきたいですね。

「あり得るね」とかも「Could be」などで表現できてしまうんです。

実は何気なく使っている

「I would like to〜」〜できるなら〜したい

も同じ理屈なんですよね。
なのに、wantの丁寧な言い方だとか、WouldはWillの過去形だとか教わる日本人は仮定法やWouldとCouldを上手く使えていないんです。

ぜひ、機会を見つけて使ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました