訳がわからないが、奥深い映画「インヒアレントバイス」

inherentvice Movie
スポンサーリンク

訳がわからない映画No.1

えー。僕はこの映画を見た時に、正直訳がわからず、ついていきませんでした。

え?なにこれ?これで終わりなの?と思いエンドロールを眺めてました。

しかし、半端じゃなく面白いんですよ!!

これもう説明がつかないので、本当に見てください。そして自分でこの訳のわからないのを感じて欲しいです。

あらすじ

「ザ・マスター」のポール・トーマス・アンダーソン監督とホアキン・フェニックスが再タッグを組み、米作家トマス・ピンチョンの探偵小説「LAヴァイス」を映画化。1970年代のロサンゼルスを舞台に、ヒッピーの探偵ドックが、元恋人の依頼を受けたことから思わぬ陰謀に巻き込まれていく姿を描いた。元恋人のシャスタから、彼女が愛人をしている不動産王の悪だくみを暴いてほしいと依頼された私立探偵のドック。しかし、ドックが調査を開始すると不動産王もシャスタも姿を消してしまう。ドックはやがて、巨大な金が動く土地開発に絡んだ、国際麻薬組織の陰謀に引き寄せらていく。共演にジョシュ・ブローリン、オーウェン・ウィルソン、リース・ウィザースプーン、ベニチオ・デル・トロ。

強烈。

ホアキン・フェニックス演じる私立探偵が元カレの依頼を受けて、色々と探っていくうちに深みにはまっていく流れ。

まず何があれって登場人物が多すぎ。しかも次から次へと出てくるから覚えられないし、めちゃくちゃ地味なやつが実はキーマンだったとか。あいつ誰だったっけ?って思いながら見てしまいます。

それって本当に楽しいの?

そりゃこんだけ訳がわからないといったら不安になるというか、見る価値があるのか疑問ですよね。

安心してください。この映画は物語を【理解すること=映画を楽しめる】という事になりません。

探偵が主人公ということで、大きな事件を追っていくのですが、決して犯人探しをしようなんて思ってはダメです。

本質はもっと深く、別のところにあります。

まさにインヒアレント・ヴァイスというタイトルに相応しいなと思います。

恐らく、何もかもに答えがある、論理的でなくては気がすまない人はあまり楽しめないかも?

でも論理的な人にこそ、そんなことはどうでもいいって思わせるくらい訳がわからないところに本質が隠れているので、それを読み解いてもいいかと思います。

謎の日本語に爆笑

これは日本人がやってる店に行く謎のシーンがありますので必見です。

最高に単純で、最高に難解。

まさに理解しよう、掘り下げようとすればかなりに掘り下げるけど、理解しなければ全く中身のないものです。

全く理解しなくても楽しいので、見て欲しいですが。

一回みたらぜひ考察してみてください。

この映画に関しては考察も書きたいと思いますので。。。

真実はいつもひとつ!!ではない楽しさを目の当たりにしてくだい。

コメント

  1. […] ※以下ネタバレ含みますので、まだ見られてない方はレビューのみ御覧ください。 […]

タイトルとURLをコピーしました