新卒・海外旅行クレジットカードの必要性・選び方

credit-trip Trip
スポンサーリンク
流行りの海外旅行。ヨーロッバ・アメリカだけに限らず、LCCの普及などでアジアへの旅行が増えています。
そんなことでこれを期にクレジットカードを作ろうという方は多いと思います。
ただ、年会費わからないし、保険とかよくわからない、ポイント還元率とか??
そんな方のためにひとまず海外旅行に特化し、かつ今後持ってるだけで良いものを厳選して今後紹介したいと思います。
 

が、まずは、海外旅行の際のクレジットカード選びのポイントを説明します。

 

クレジットのカードの必要性

 まずはじめに必要性。
 私は現金派だし、カードは万が一盗難にあった際にいくら使われるかわからず怖い。と思う方がいると思います。
 安心してください。安全性という観点からむしろクレジットカードをオススメします。
 クレジットカードの場合暗証番号を知られてない限りそんな高額はつかえませんし、
 紛失・盗難にあったと気づいたその時に止めることができます。
 
 しかし、現金だと万が一に備え分けて移動しなきゃいけない、バッグごと取られたら全財産損失。
 と現金で全てを持ち歩くのはかなりリスクがあります。
 

保険

 クレジットカードの必要性で現金を持ち歩くリスクヘッジや盗難対策という事を述べましたが、保険もあります。
 万が一海外でカメラが盗まれたら、万が一病気になったら、そんなときにもクレジットカードの保険が役立ちます。
 EPOSカードなどは年会費無料にも関わらずかなりの保険がついてくるのでオススメです。
 極端な話、保険の意味も込めて使わなくてもカードを海外旅行に持っていくことは重要です。
 

キャッシュバック

 これは、学生限定ですが、ライフカードは海外で使用した料金のみ
 数%がキャッシュバックという、謎の大サービスがあります。
 事前に渡航期間をネットで申請するだけなので、大変ありがたいサービスです。
 

VISA? MasterCard? JCB?

 これはカードに付けられるブランドですが、後々変更できないので慎重に選びましょう。
 結論から言うと私はMater Card推しです。理由はレートが有利なことが多いからです。
 良くこのカードのブランドを比較する際に使用可能な店舗数を挙げますが、
 正直、VISAとMasterCardはほぼ変わりません。JCBについては確かに、アジアを中心だと使えますが、
 欧州だとたまに使えない場所があるかもしれません。。。って感じです。
 単純にVISAかMasterCardを選んどけば問題ないと思いますが、カードを使う際に日本通過で支払うか、
 海外通貨で支払うか選ぶことができる時があるのですが、MasterCardのが若干レートが良い時が多い気がします。
 また、多くのカードがVISAは有りますが、MasterCardは選べないということもあるので、
 MasterCardが選択できるなら選択したほうが、後々VISAのカードが多くなるとバランスがとれるかとも思います。
 

枚数

 メインカードと保険付帯重視
 盗難時・磁気不良などのアクシデント対策
 VISAとMasterCardどちらかしか使えない店舗対策
 などあらゆることを考慮し、最低2枚は持っておくと無難です。
 さきほどのブランドを分散させる意味も込めて、MasterCardとVISA2枚持ちであれば最強かと。
 
ひとまず、VISAかMasterCard、すでに持っていれば、違うブランドにするのが良いかと思います。
 

ってわけで今回は初めてクレジットカードを持つ人を含めて、実用的なカードを紹介します。

 

学生は絶対持て、社会人でも旅行用に持つべき

学生ならライフカードは絶対持ちましょう。
高額補償の海外旅行保険に加えて、海外使用分5%キャッシュバック特典など海外へ行く学生必携の1枚。
案外ブルーでクールなデザインとなっています。
初年度ポイント1.5倍
誕生月ポイント5倍とポイントプログラムも充実しています。
 
これの使い方としては、何と言っても誕生月の爆発力。
年に1回だけの登場でも良いので持っておいて良いかと思います。
 
また実はゴールドカード顔負けの旅行保険付帯。
案外知られていないのですが、クレジットで良く取り上げられる、旅行傷害保険最高1000万とか5000万とかの文字ありますよね?
でもあれ実は死亡保険だけってのが結構多いです。
だから実は傷害治療とか疫病治療の保険って低いんですよ。
 
しかしこのライフカード実は保険も優秀なのです。
そのため海外でメインカードが使えない状況(限度額・盗難紛失・不具合)に備えたサブカード保険用、誕生付きの爆発用に死蔵させておいて問題無いですね。
学生ならキャッシュバックもあるので、持たない理由がないと思います。
 
唯一のデメリットはポイント還元率と死蔵させるにしてもカードの枚数が増えるってことです。
特に枚数を持つことに抵抗がなければどうぞ。
 
 

保険重視

EPOSカード
ズバ抜けて高い治療費用補償と、トラブル発生時の現地サポートサービスが魅力。
マルイのカードであり、レストラン等見せれば割引が効く店舗も数多く有るため優秀なカードです。
 
こちらもライフカード同様海外保険のために死蔵させて良いと思います。
また、案外割引優待が適用されるお店が多いので持っておいて損はないです。
 

ブランド重視

海外保険なら同じシリーズのクラシックカードAがお勧め。
自動付帯で最高補償2500万円とクラス最高水準の内容です。

海外旅行に限らず、ステータスも保証していただける一枚です。

メインカードトとして、いつ、いかなる利用シーンであっても堂々と使えるものを一枚は持ちたいですが、三井住友カードは、そうしたカードとして持つのにもふさわしい一枚です。

 
以上、今回は年会費が無料で持っているだけで得しかないものを紹介しました。
この3枚と、特に三井住友カードを持っていれば、特に恥ずかしくもなく
どこでも使える基本的なカードは持っていると言えると思います。
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました