【ネタバレ注意】1日の大切さを知れる。人生の早いうちに見たほうが良い映画【アバウト・タイム】

この映画は大切な事を教えてくれました。一日一日生きるのに精一杯で、忙しい人にこそ見て欲しい、人生を楽しむヒントが得られるそんな映画でした。

あらすじ

イギリス南西部コーンウォールに住む青年ティムは、両親と妹、そして伯父の5人家族。
どんな天気でも、海辺でピクニックを、週末は野外映画上映を楽しむ。風変りだけど仲良し家族。しかし、自分に自信のないティムは年頃になっても彼女ができずにいた。
そして迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになるティム。

弁護士を目指してロンドンへ移り住んでからは、チャーミングな女の子メアリーと出会い、恋に落ちる。
ところが、タイムトラベルが引き起こす不運によって、二人の出会いはなかったことに!

なんとか彼女の愛を勝ち取り、その後もタイムトラベルを続けて人とは違う人生を送るティムだったが、やがて重大なことに気がついていく。どんな家族にも起こる不幸や波風は、あらゆる能力を使っても回避することは不可能なのだと。そして、迫られる人生最大の選択——。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

何気ない1日が、かけがえのない1日だと気づく

この映画の大変良いところは、よくあるタイムスリップ能力で、主人公が無双するという流れじゃないという点。主人公はひたすらに【家族との幸せ】を追い求めます。

また、その純粋な思いも阻まれるタイムスリップの限界を作る仕組みが素敵だなと思いました。その仕組みがある意味くだらないけどもシンプル、そして素敵。
子供が変わってしまうから、子供を授かってからのタイムスリップでの過去改変は現在の改変に影響を与える。

家族と言いつつ「父」と「子」の物語

父親も息子との何気ない卓球と読書を生きがいにしており、富も名声も得ずにタイムスリップを利用する純粋さ。
父の最後の日に、タイムスリップしてきた息子の異変に気づき、自ら自分の死に気づいてしまう、お互いがタイムトラベラーであるからこそ通じ合う喜び、苦しみも垣間見える感じがたまらなく感動しました。
そこから現在を変えないようにそっと二人でビーチを歩く最後には涙を流しました。

映画から学べる幸せな生き方

この映画を見て、感動するわ〜。いい話だった〜。ただそれだけで終わるのも良いのですが、僕がこの映画をおすすめしたい最大の理由は最後のこの格言。

「今の僕は、1日だって過去に戻らない。この日を楽しむために僕は未来から来て、この日を最期だと思って何気ない毎日を生きている。


この格言は素晴らしいと思いました。これを受けて僕は、どんなに辛い日でも「未来から、1番辛かった日をあえて楽しむために戻っってきた」と思うようになりました。そうすると毎日の空が開けて見えて来て、何だか楽しくなりました。
ちょっと空気が重くなったり、仕事が辛くても、「く〜、生きてる。どうしたらこれ楽しくなるんだ。ちょっと上司の前で変顔かましたろうか」くらいに思えてきます。
結局

人生は限られている。捉え方を変えれば人生は変わる。

僕は心からこの映画に出会えてよかったと思いました。「あぁしとけば、こうしとけば、もっと早くからこうしとけば良かった」と人生で後悔することがあります。
ただ、もし仮に人生最後の日に神様が「過去に戻れる力」を授けてくれたらどうだろうか?お金・地位などを求めには行かないと思います。恐らく何気ない幸せな家族との1日に戻るだろうかと。もしくは辛かったけど今思えば楽しい試練だったな。って思える日々を思い出しに行くかもしれませんね。怖いもの見たさでw。
明日からの生き方、世界を変えてくれる【視点】【考え方】をくれるいい作品だと思いますので、ぜひ多くの方に見て頂きたいです。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする