何度でもLA・LA・LANDを楽しむための方法

こんにちは。

2月24日(金)公開の映画『ラ・ラ・ランド』は、『セッション』のデイミアン・チャゼル監督最新作。アカデミー賞はなんと歴代最多タイの14ノミネートと、並々ならぬ特大ヒットと高評価を得ている作品。

何を隠そうこの作品、監督が自ら言っているくらい

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミュージカル映画のオマージュが数多くある

本作は往年の名作映画、特にミュージカル映画のオマージュが数多くあることも特徴の1つ。そのため、ここでは、「観ておけばさらに『ラ・ラ・ランド』を楽しめる!」映画を紹介します。

『雨に唄えば』

ミュージカルファンでなくても、多くの方がご存知だと思います。ジーン・ケリーが雨の中でタップダンスをするこの場面。街灯の柱に手をかけて歌い始めます。

単色ドレスの色使いや路上で踊るシーンなど、随所に『雨に唄えば』をモチーフにしたシーンを見つけることができます。

1曲目から圧倒的ミュージカル。楽しさ溢れる開幕

大渋滞ではじまる映画。L.A.へ夢見る者での渋滞を揶揄して始まるこの映画。

まず1曲目の「Another day of sun」。いきなり歌い・踊り・ハイウェイがブロードウェイと化す。これからミュージカルが始まるますよ!!とお客さんへ知らせ、本編とは全く関係のない部分で一気に引き込まれ、ミュージカルを見る準備が整っちゃいます。

まさにミュージカルの緞帳が開幕と同時にエントラクトではなくオープニングが始まり、いきなり持ってかれる感じですね。リーガリーブロンドとかの始まりに近くて大好きです。

何より楽器が沢山使われてて、リズミカルなのに、どこか馴染みのある曲調で、自然と体が揺れてしまいますよ?

これも結構有名なミュージカルの有名なシーンですよね。

「ララランド」の画像検索結果

ワンテイクでの長い撮影

ワンテイクへのこだわりが強く、監督は多くの場面でワンテイクでの撮影を求めたらしいです。「途切れることのない現実」と呼ばれ、まさに偽りのない「魔法」と言えます。

ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンの豪華タッグ再び

容姿端麗・ダンス・歌・演技もできる。こんな完璧な人間が二人いていのか?

という完璧すぎる組み合わせが作り出す世界観はそれだけで限りなく現実に近い非現実を味あわせてくれます。

しかしこの二人の組み合わせ実はこれが初めてではなく、「ラブ・アゲイン」「L.A.ギャングストーリー」に続き、3回目の共演です。多くの場面で息のあった演技を見せてくれます。

「ララランド」の画像検索結果

原色のカラフルさが心躍る

何より、映画の世界観と華やかさを支えているのが色使い。

原色を使うことでこの華々しい世界観にどっぷりつかれちゃいます。

またこの原色でも負けないで着こなしてしまうエマ・ストーンってどんだけ美しいのでしょうか。

「ララランド」の画像検索結果

最高におしゃれで、楽しくて、最高にロマンティック

JAZZ好きな方には勿論、色んなところに散りばめられたおしゃれさとロマンティックな内容がたまりません。またちょっぴりビターな展開も、ただの賑やかミュージカルでなく、大人の学びがつまっております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする