黒の組織の話が進展すると噂のコナン映画最新作、その行方はいかに

conan-nightmare

どもDaiです。

先日、公開されて間もないコナンの映画の最新作

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「純黒の悪夢」見てきました。

というのも1日って映画割引なんですね。結構映画館行ってるのに初めて知りました。

まぁ基本レイトショーで空いている中、いい席をとってゆっくり見るのが好きだったので、気づかないのも当然か。笑

前作では、業火の向日葵でキッドを取り上げ、キッドファンをもれなく唸らせ、次は黒の組織に関連するということで、もう豪華すぎるというか、コナンファンにはたまらないですね。

今回はどういう内容なのかというと、

警察庁に謎の女性が侵入し、何かを盗みだした。それは世界を揺るがすものであるらしい。

同時に黒の組織による謎の暗殺が世界各国で起こる。この事件の関連性は?

そして記憶を失った謎の女性がコナン達の前に現れる。なんとその女性はオッドアイの持ち主であった。

この女性が組織のNo.2のRUMなのだろうか??

ストーリーを通してこんなにも黒の組織がずっと関わって進んでいくのは初めてですね。

非常に面白く、最初から最期までハラハラでした。

また、最後のエンディングのB’zの曲も劇場版コナンではお馴染みですが良かったです。

前回の向日葵の物語と違い、知識がなくても一回ですんなり理解できる内容ですし、

大人でも子供でも大変おもしろく見れると思うので、どうせアニメと思っている大人の皆様!

とかなり面白いので、いい意味で期待を裏切ってくれると思いますよ。

全然デートで見に行くの有りです!

映画を見たあとは、黒の組織のコードネームと同じ名前のお酒を思わず買ってしまうのではないでしょうか?

ちなみに僕は買いました。笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする